今日は、

カラーチャートを見てどの色が良いのか?

といったお話をしていきます。

美容室に行くと美容師さんがカラーチャートをもってきて

「どの色にしましょうか」や「この色にしますね」と

言われることがあると思うのですが、

実際どうでしょう?イメージできますか?

もしお客さんの立場になったとして考えると難しいなと感じます。

カラーチャートで選んだ色が正直イメージが付きにくいかと思います。

ヘアカラーのカウンセリングに関してCLEOでは、

お客様がどのような色にしたいのか考えていく上で、

まずはお客様がどうしたいのかという思いを共有するようにしています。

美容師目線のお話とはなってしまいますが、

実際一番良いのは、カラーチャートではなくスタイル写真を見せることです。

その方がお客様にとって分かりやすくイメージしやすいと思います。

例えば、少し明るめのミルクティーベージュにしたいAさんとBさんがいるとします。

Aさんは黒髪から明るめのミルクティーベージュにしたい。

対するBさんは元々ブリーチをしていて

明るい髪色からミルクティーベージュに落ち着かせたい。

この場合、使用するカラー剤のレシピは変わってきます。

‘この少し明るめのミルクティーベージュにするときには、

このようなカラー剤を使っていきます‘

というような説明をする際にカラーチャートを見せるくらいが

お客様にとってもいいのかなと感じます。

あくまで美容師目線であり美容師側が大事にしていく点かと思います。

ですが、中にはお客様の要望を汲み取れない美容師もいます。

ダメージレスが良いのか、色の表現が良いのか、

優先順位をはっきりさせて美容師に伝えることが有効です。

ヘアカラーをすることは基本的には髪の毛に負担がかかりダメージします。

「多少傷んでもいいからデザイン性を重視してほしい」

「発色やデザイン性ではなくダメージが軽くて髪が綺麗に見えるように」等と

どちらを重視していくのかの方向性を示すと

美容師側からするとカウンセリングがしやすく色を選びやすくなります。

 

リタッチにするか全体のカラーにするか

どっちにすべきか悩まれる方が多くいらっしゃいます。

毛先の色が気に入っているから根元だけ染めるために

リタッチをするのはいいかと思います。

カラーが退色していて地毛の色に近くなっていたり、

‘毛先の色があまり気に入っていない・今より暗くしてもいい‘

と思っている場合はリタッチではなくフルカラーの方がいいかと思います。

毛先全体まで染めることによって髪の毛の艶だったり

ムラのない綺麗なカラーリングが表現できるので

基本的には全体のカラーをすることがよろしいのではないでしょうか。

まとめ

なぜそうしたいのかというお客様の気持ちを汲み取ってくれるといいのですが、

なかなかそこまで汲み取ることの出来ない美容師もいると思うので、

お客さんの方から提案したり聞いてくれたりすると

美容師側も把握しやすくてお客様が満足できる仕上がりになるのではないかと思います。

良かったら参考にしてみて下さね!