脱毛症について

お伝えしていきたいと思います。まずは、

成長期脱毛症:こちらの脱毛症はアレルギー反応などによって

休止期を待たずに本来の髪の毛が早くに抜け落ちることが原因です。

症例は、円形脱毛症・抗がん剤などによる薬剤脱毛症などが挙げられます。

休止期脱毛症:血行不良や栄養不良、頭皮環境の悪化などによって

毛同期が正常のサイクルではなくなり、休止毛が異常に多く抜ける脱毛症です。

症例は、男性型脱毛症や産後脱毛症、フケ症による脱毛症などが挙げられます。

育毛についてですが、まずは脱毛症の種類を見極めることです。

抜けた毛の太さや毛根の形等々…

毛の状態から脱毛サインが誤作動なのか短期化なのかどちらかを見極めます。

誤作動といのは、アレルギー反応などによって引き起こされる成長期脱毛症のことです。

短期化というのは、頭皮環境が悪くなることで引き起こされる休止期脱毛症のことです。

発毛環境への改善アプローチは、まずは頭皮を清潔に保つこと

皮脂と水分のバランスを正常に保つこと・血行を促進することです。

抜け毛はストレスだったり季節の変わり目が原因と思っている方が多いかと思うのですが、

実際は脱毛症によってそれぞれ原因は違います。

自然脱毛はみなさん必ずあるのですが、

そうではない異常な抜け毛にはしっかりと適切な対策をとることが必要です。

ちなみに自然脱毛は一日50本~80本ほど抜けます。

その抜け毛たちは、毛周期の休止期に入った髪の毛が抜け落ちるといった理由です。

美容院では、清潔に保つということとヘッドスバなどで血行の促進をして

頭皮環境を整えるといったことが出来ます。

自宅ではマッサージをしたり、栄養のあるご飯を食べたり運動したりと

簡単にできることはたくさんあるのでぜひ試してみてください!