エアストレートとは?一般的な縮毛矯正とは何が違うの?

についてお伝えしていきたいと思います。

 

当店では特殊な縮毛矯正を行なっております。

厳選されたサロンでしか取り扱いできない商材なので、

一般的にはあまり知られていないメニューだとは思います。

一度エアーストレートをかけてしまったら、

‘エアーストレート以外の縮毛矯正はできなくなる!‘

というお客様の声が多数あるくらい評判の良いメニューです。

今日はその「エアーストレート」について、

一般的な縮毛矯正と比較をしながら解説していきたいと思います。

 

一般的な縮毛矯正の特徴

 

1.シャキーン!とした不自然な仕上がりになる

2.硬くなる

3.傷む

 

1.なぜシャキーン!とした不自然な仕上がりになるのか?

 

一般な縮毛矯正は高温のストレートアイロンで髪の毛を潰して、髪の毛の癖を真っ直ぐに伸ばしています。

うどんで例えると、きしめんみたいな平べったい形になります。

強いちからで無理やり髪の毛を潰してしまうのでシャキーン!とした仕上がりになってしまいます。

 

2.なぜ硬くなるのか?

 

 一般的な縮毛矯正は高温のストレートアイロンを使用します。

アイロンの熱が髪の毛のたんぱく質を硬化させてしまいます。

分かりやすく言うと、生卵がゆで卵になることと一緒です。

じゃあ低温なら硬くならないのでは?と思われた方は正解です。

ですが、低温でアイロンを入れても髪の毛の形状が変化しないので、

癖が伸びにくくなってしまいます。しっかりと癖を伸ばすには、

髪の毛が硬くなることには目をつぶってでも高い熱を加えないといけないのです。

 

3.なぜ傷むのか?

 

髪の毛が硬化する理由と同じく、

ストレートアイロンで高熱を加えてしまうことで髪の毛が傷んでしまいます。

また、薬剤もブリーチ並みの強いものなので、かなりの負担がかかってしまいます。

熱と薬剤と過度なストレスを与えてしまった結果、髪の毛は傷んでしまいます。

 

エアーストレートの特徴

 

1.生まれつき直毛のような自然な仕上がりになる

2.髪の毛がやわらかくなる

3.ダメージが少ない

 

1.どうして自然な仕上がりになるの?

 

エアーストレートは髪の毛を潰すのではなく、

膨らませてからブローで整えることで髪の毛の形を直毛に変えてしまいます。

一般的な縮毛矯正は縮毛にしますが、エアーストレートは直毛にします。ここが最大の特徴です。

だからこそ生まれつき直毛かのような自然な仕上がりになります。

 

2.どうしてやわらかくなるの?

 

エアーストレートはアイロンを使わず、

特殊なブラシを使ってブローで髪の毛の形を整えるので、熱の負担がありません。

アイロンの温度は200°違い高温ですが、ドライヤーの温度は80°〜90°なので髪の毛は硬化しません。

また、髪の毛を膨らませる際に使う薬剤がトリートメントベースで、

やわらかくする成分が含まれています。

硬毛の方にエアーストレートをかけてもやわらかい直毛に変化します。

 

3.どうしてダメージが少ないの?

 

一般的な縮毛矯正は熱と薬剤と、二重で髪の毛に負担をかけてると説明しました。

一方でエアーストレートは熱と薬剤の負担がありません。

薬剤についてもう少し補足すると、一般的な縮毛矯正で使う薬剤は強アルカリで、

エアーストレートで使う薬剤は弱酸性です。

一般的なな縮毛矯正では基本的に髪の毛に使う薬剤はアルカリの力を使って

キューティクルを開き、毛髪内部まで薬を浸透させると言われています。

キューティクルを開くと聞いて、ピンとくる方はいらっしゃるかと思います。

そうです、髪の毛が傷みます。

では、どうやって弱酸性で毛髪内部まで薬を浸透させるのかと言うと、

ドライヤーの熱でじわじわっと浸透させる仕組みになっています。

アルカリを使用していないのでキューティクルは開きません。

実際にやってみるとわかると思いますが、とてつもなく結構地味な作業です。

 

まとめ

以上が一般的な縮毛矯正とエアーストレートの比較になります。

縮毛矯正のデメリットを限りなく解消したものがエアーストレートというイメージです。