はじめまして!!

 

東海林です!!

 

 

 

 

本日はヘアカラーについて、、、

 

 

「補色」について書いていきます!!

 

 

日本人の方って、どうしても赤味が強くでてしまうことが多いので、美容院でカラーする際に

 

 

「赤味を消すためにマット(緑)で染めさせていただきます」
 

「黄色味が出てるのでバイオレット(紫)で黄色味を打ち消します」 
 

 
このような話を聞くことって多いと思います。

 

 

これってなにをしているかというと、補色の関係、反対色を加えることで髪の状態を無彩色に近づける。

 

という作業をしているんです。

 

 

無彩色とは
グレー、白、黒

 

本来もっている色味をニュートラルな状態にしてくれます。
 
こちらの図を見るとイメージしやすいと思います!!

 


*赤味を消す緑

*黄色味を消す紫

* オレンジ味を消す青

 

 


このように色には反対色があり、それを加えることで髪をニュートラルな状態にもっていき、カラーの発色、褪色した時の色をコントロールしています!!

 

 

カラーしたあとに綺麗なのは当たり前。

 

褪色したあと、色持ちの良さ、そこまで考えてカラー剤を決めています。
 

 

先日僕の高校の友人がカラーをしにきてくれて、その友達も毛がしっかりしているので赤味が出やすい髪質をしています。

 

ちなみに染め上がりがこれです!!

 

Beforeは撮り忘れましたので比較がしずらいと思うのですが、
 

仕上がりをみてもかなり透明感のある、

 

赤味を感じさせない色合いになっていると思います。

 

緑の染料をベースに色の調合をして、
褪色後も赤味の気にならないように選定しました!!

 
 

つまり、補色を使いこなすことはカラーを表現するには欠かせない、本当に大切なことなのです!! 
 
 

  

 

 
カラーって奥が深い、、、

 
 

本当に一人一人髪質、状態が違うからこそアプローチの仕方を変えて、染め上がりを想像します。

 

そのイメージがドンピシャで重なった時。

 

 

それはもう最高の気分です。笑

 
 

 
 

髪色の印象ってすごく大切なので、

 

みなさんの理想のイメージを聞いて、

 

なりたい!を叶えられるように。
 

 
 

 

 

  

 

 

暑くなってきましたけど、体調管理気をつけてください♪♪

 

 

CLEOでお待ちしております!!