東海林です。

 

 

 

お盆休みきましたね♪♪

 

 

みなさまはどのようにお過ごしですか??

 
旅行にいかれたり、地元に帰省されたりと。

 

 

夏を満喫される方もいると思います。

 

花火、BBQ、海、、、

 

 

海。

 

SEA。


 

 

 

 

海にいくと髪の毛痛む。という話は聞いたことあると思います。
 

 

 

今回は海が髪の毛に与える影響を。

 

  

 

少しケミカルなところも含めて書いていきます!!

 

 

 

  

  

 

  

髪の毛が痛む原因としては

 

  1. 紫外線の影響
  2. 海水による影響

 

  


 

 

この2つの影響が大きいです。

 

 
特に海水による影響。

 

元々髪の毛は弱酸性の状態で安定します。

 

それに対して海水は弱アルカリ性。

 

 

髪の毛のキューティクルが開いてしまうので、痛みやすい状態になっているんです。

  

 


 


そこに紫外線を浴びることになるので、

 
 

髪の毛のダメージは計り知れません。

 

 

またアルカリに傾けて、キューティクルを開かせてしまうため、

 

カラーの褪色

 

パーマがだれる

 

ストレートの戻り

 

 

などの原因に繋がります。

 

 

カラー後にいって暗くしたのに、明るく戻る。というお話はたくさん聞いたことがあります!

 

そのくらい海の力は強烈です。

 

 

 

 

 

 

 

それでも海にいきたい、、、

 

夏が好き。

 

 

SUMMER GIRLのみなさまに。

 

 

行く前と後の一手間でダメージの軽減ができます。

 

 

 

海にいく前の事前ケア。
 
 

 

髪の毛を結んでおく。

 

なるべく海につけないように。

 

海につける時間が長いほど傷んでしまうので、なるべくつけない。

 

シンプルですが一番大切です!

 

 

 

 

UVカットのヘア用のスプレーを振る

 


 

僕はこのスプレー使ってます。

 

MIEUFA

 

髪の毛にも、身体にも使えるので夏の時期は持ち運ぶ用にしてます!!

 

 

 

 

 

 
 

海にいった後の事後ケア

 

 

 

シャワーでひたすら洗い流す

 


 

 



 

髪の毛に残っているアルカリを中性に戻すのと同時に汚れなどをしっかり除去することが大切です。

 

 

 

 

弱酸性のシャンプーで洗う

 

 

 

 

しっかり髪の毛が安定する弱酸性に戻してあげることが大切です。

 

 

 

 

 

今回話したケアというところに関しては

 

 

アルカリ→弱酸性

 

に戻してあげることが一番大切です。

 

 

どうしてもダメージしてはしまいますが、

 

少しでも早く弱酸性に戻してあげることで

 

ダメージの軽減に繋がります。

  

 

 

 

  

 

 

 

 

また、もし海にいくとしたらお願いしたいことがあります!!

 

 

 

海の後に美容院に来てください。

 

 


 

海にいって、キューティクルが開くことでカラーなどの楽しんでいただける時間が短くなってしまうのもあるのと、ダメージの補修を行う。と意味もあります。

 

海で傷んだ髪の毛を綺麗にカラーして、

 

トリートメントすれば、髪の毛はよくなります!!  

 

 

 

なので、行くタイミングは図っていただくと助かります!!

 

 
 

   

 

 

 

 

 

今年も海にはいかなそうです。笑

 

東海林でした!