東海林です!!

 

 

美容院で1番頻度の高いメニューは

 

カラーだと思います。

 

 

女性の方のほとんどが、

 

根元が伸びてきたから美容院に行こう。

 

となるくらい、カラーのタイミングを軸にしていると思います。

 

 

そこで、選択肢を与えられます。

 

  1. リタッチ
  2. フルカラー

 

どちらをするかと悩みますよね。

 

 

そもそも、お客様のなかには
どっちがいいの??

 

と思っている方もいると思います。

 

 

どのタイミングでフルカラーするのがオススメかお伝えしていきます!!

 

 

 

僕が思うフルカラーをするタイミング。

 

それは、褪色度合いによってだと思います。

 

 

カラーして時間が経ってくるとどうしても、

 

  • 黄色っぽく
  • オレンジっぽく
  • 赤っぽく

 

 

オレンジ感かなり強めです。 

 


黄色っぽく褪色しています。 

 

 

ベースによって抜け具合は変わってきますが、○○っぽく抜けてきて痛んでみえたり、汚くみえたりすることがあります。

 

このタイミングでフルカラーです!!

 
全体を染めることで、髪の毛に色味が入ることで綺麗に見えます。

 

またカラー剤にトリートメント成分が含まれているのでカラーしたあとはツヤツヤになります。 
  

 

逆に毛先の色味が気に入っている。

 

変える必要がない方はリタッチでいいと思います。

 

 

 

ただ僕は、

 

フルカラーで染めることが多いです。

 

 

というのも、色味を楽しんでほしいから。

 

カラーを楽しんでほしいからです。

 

 

明るくしないで、上から色味を被せるだけならダメージはほぼほぼありません。

 

というのも、メラニン色素が削られていてアンダーのベースができているので、パワーを強くしなくても色味が入るからです。

 

お客様のなかには、

   

色を被せる=ダメージ

 

と考えている方も多いと思いますが、そんなこともないんです。

 

というのも、

 

カラーのダメージを決めるのはカラー剤の脱色力。 

 

 

  
あと、過酸化水素の濃度です。  

 


 

 

 
明るくするとなると、この両方を高く設定することで、メラニン色素を削り明るくします。

 

しかし、元々メラニン色素が削られている毛先の方は削る必要がないので、両方を低く設定することができます。

 
 

そうすることで、負担を最小限に抑えることができるので、多少なりとも負担はかかりますがそこまでではないです。

 
 

カットだけではなく、カラーによる雰囲気の変化もありますので少しイメージを変えたいなどでしたらフルカラーします。

   

暖色系?寒色系?なりたいイメージ叶えます。カラーでイメージチェンジ!!

 

 

色によるイメージの変化をお伝えしています♪♪

 

 

 

 

 

 

褪色の具合がわからない。

 

フルカラーするタイミングがわからない。

 

という方はご相談いただければお答えします!

 

交互に染めるという方も多いので、褪色具合、したいイメージなども踏まえてカラーの提案させていただけたらと思います。

 

 

 CLEO 青山 

スタイリスト東海林でした!!