東海林です。

 

 

透明感カラー

 



これを作るのには、どうしても元々あるメラニン色素が邪魔をします。

 

いくら、カラーの配合を考えても一度はベーを明るくしてメラニン色素を削らないと綺麗な透け感は難しいんです。

 

そのくらいメラニン色素の影響ってでかいんです。

 

 

今回カラーした子は元々明るいのが好きなのもあり、カラーの1番明るい色でカラーをして一度メラニン色素を削ってます。

 

 


 

元々、赤っぽくなるメラニンが少なく、黄色っぽくなるメラニンが多いのもあり、カラーの1番明るい色でもかなり明るくなってます。

 

 

日本人の髪の毛はどうしても赤みが強く出るメラニンが多いのもあり、透明感が出しにくいんです。

 

このお客様は毛質的に透明感が出やすし、ベースも明るくしているので、ここまでベースのメラニン色素が削れていればかなり綺麗な色が入ります!

 

  


 


 

 

透明感すごいです、、、

 

そこまで暗くしたくない!とのことだったので、9トーンをベースに配合をしています。

 

 
 

髪の毛に多少なりとも負担はかかってしまいますが、ブリーチはしてないので、ボロボロになるわけでもないのでご安心ください。
 

一度明るくするプロセスを踏む。

 

 

その上から色味を加えたらいつも以上の透明感、透け感をだせます。

 

 

 

なるべく負担のならないように、ベースのメラニン色素を削って、赤味、黄色味を飛ばしながらカラーしますので、ご相談ください。

 

 

 

CLEO 青山

 

stylist 東海林でした。